耐用年数は、生涯持つと言われることが多い

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。
インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その義歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。
新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。
注意してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ