口臭が気になるといった変化

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ