「インプラントとクラウンの違

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。
その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後はしばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。
日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。
インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはできるケースが増えました。インプラント治療は、まず何が大切かというと、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。
インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。
神戸市須磨区でインプラントならもりした歯科医院がおすすめ

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ