インプラント治療も医療行為ですが、

インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが良いと言えます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ