チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプ

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは言えません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ