インプラントはメリットの大きい治療法です。

インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。
でも、気にしなくて良いです。確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
トータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
治療の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。場合によっては、保険診療にもできるようですが、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを肝に銘じておかなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ