「インプラントって差し歯とは何が違うの?

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ