言うまでもなく、インプラントにすれば

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするということにはなりません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。
費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。
それでも、相場はあると言えます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ