「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。
こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。
技術の進歩した今では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。
高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。最近話題になることも多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ