インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯

インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで大きく異なります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ