インプラント治療には隠れたメリッ

インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ